自営業音楽家の労働時間と働き方改革


cof

ラジオを聞いていると、
こんな本が紹介されていました。

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)
タイトルがスゴイですが、
今や、頻繁にニュースなどで見かける社会問題。

というか、僕(1981年製)が子供の頃から、
「日本人は働きすぎ」
というフレーズが存在し、
「過労死」は、「karoshi」として英語の辞書に掲載されているという。

恐るべし、日本の勤勉さ。

国は、「働き方改革」なるものを進め、
「ライフワークバランス」だったり、
逆に、働きたくても働けない方の社会進出をうんぬんかんぬん、
と、いう感じでございます。

かくいう私も、
最近、2人目の娘が生まれまして、
自宅で仕事をしている身としましては、
「働き方改革」は喫緊の課題でございます。

というわけで、表計算ソフトを開きまして、
自分の可処分時間を改めて確認していました。

7時半には娘起こして、
保育園の準備とか~、
保育園送って、帰ってきてー、などなど、
食事とか風呂などなど引いていくと
平日、僕が使える時間は9時間程度。

「あー、あと3時間位ほしいなー」

と思った自分がいて、
ちょっと笑ってしまいました。

そう、僕は仕事がしたくてたまらない。
というか、そもそも、趣味でやっていたものが仕事になったので
いまだに「遊んでいる」感覚です。

いや、「あそび」なのかどうかもよくわからない。
とにかく、無性にやりたくてやりたくてしようがないのです。

可能であれば、脳に電極を突っ込んで、
起きているすべての時間、
頭のなかで考えていることをパソコンに出力したい。

僕はコレを「ビョーキ」と呼んでいます。

というわけで、世の中の流れに逆行する
自営業音楽家の働き方のお話しでした。

■今月のパワープッシュ(作った作品)

おもしろかったら、ぜひコメント付けてシェアして下さい!

記事を書いている人

■Facebookしてます
申請、フォロー、お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/takahiro.yamaguchi.71

Takahiro Yamaguchi | バナーを作成

長崎県佐世保市出身、福岡県久留米市在住。
1981年生まれ、身長186.5cm。メガネと帽子がトレードマーク。
2013年生まれの娘が可愛くて仕方ない今日このごろ。

お問い合わせはこちらまで
mail@kodomosize.net
※携帯メールの方は
迷惑メールフィルターなどで
メールを返信できない場合があります
ドメイン受信設定をして頂くか
電話番号の記載をお願いします

■こんな感じのYOSAKOI楽曲作ってます

■Instagram(写真撮るのも好きです)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です