韓国からのお客さんが帰る、ちょっと泣きそうな本音トークをする

韓国からのお客さんが帰る、ちょっと泣きそうな本音トークをする


DSC02684

AirBnBで我が家に宿泊していた韓国人の兄弟、
JayとJiは、今朝、韓国へと帰って行きました。
写真は、出発直前、我が家にて。

5/1~本日(5/5)まで、長いようで短かった4泊5日。
とても貴重な経験をすることが出来ました。

彼らは礼儀正しく、物静かで聡明。
正直、僕の中の、いわゆる「韓国人」のイメージとはだいぶ違いました。
(もうしわけないです)

僕ら夫婦は韓国語が喋れないため意思疎通は英語。
※兄は英語が堪能で弟は少し分かる程度
佐世保以外でこんなに英語で会話したことは記憶にありません。

定期的にお客さんが来るようであれば勉強するモチベーションも上がります。
というか、勉強せざるを得ない。

そして、彼らも日本での旅を満喫したようで何よりです。

中でもお気に入りだったのがスシロー(笑)
DSC02650
皿の数が物語っています。

その他、自分たちでレンタカーを借りて
大分、熊本、長崎と出かけていったのですが、
今後の参考に、もうちょっと詳しく感想を聞いておけばよかった。

とりあえずゴールデンウィークの混雑には辟易したそうです。

そんな中、僕らのもてなしを彼らは気に入ってくれたらしく、
「またここに来たい」と言ってくれました。

寡黙だと思っていた弟のJi(ジ)も、
最後の日の夜には、兄JAY(ジェイ)の通訳を通じて、
いろいろと話しをしてくれました。

ちょっとウルっときました。
※僕が聞き取った英語の内容が正解だといいんですが(笑)

僕らもぜひ韓国に行来たい。
もちろん、その際は彼らに会いたいです。

というわけで、AirBnB、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。