MITは核エネルギーの夢を見る(2015/9/9)

MITは核エネルギーの夢を見る(2015/9/9)

世間は代替エネルギー探しに一生懸命ですが、
世界の最先端「マサチューセッツ工科大学」は、
それでも核エネルギーの未来を見ていらっしゃるようです。

『MIT、革新的な小型核融合炉の構想を発表』
www.gizmodo.jp/2015/09/mini_nk.html

エネルギーといえば…

最近、山を切り開いて作られた、
「太陽光発電所」というものをよく見かけます。

近い将来、
日本の山林は
ソーラーパネルで光り輝くハゲ山に変わってしまうのでしょうか?

全く関係ないですが、
うちの周りの雑草が伸び放題。

ゴミ袋何枚使うんだ、と考えると、
鬱陶しくてしようがありません。

ほとんど何もないところから、
太陽光と水と土で、
あれだけ膨大な有機物を生成するあの力こそ
発電に利用できないもんですかね?

お掃除ロボットのルンバみたいに
雑草を自動で処理してくれて、
そのエネルギーで発電してくれる機械、誰か作って下さい。

もしくは、山羊を飼ってお乳でも搾ろうかしら、
なんつって。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。