スタジオアリスに学ぶモノの売り方

スタジオアリスに学ぶモノの売り方


DSC08898

3月3日は桃の節句、ということで
うちの娘にも、お雛様飾ったり、実家から送られてきた桃カステラあげたり、
写真スタジオに記念撮影しに、とそれらしいことをしてきました。

で、スタジオアリスで写真撮った後で妻と話したのですが、
「商売は写真スタジオに学べ」と(笑)

娘が生まれてから、
何かイベントがあると写真を取りに行くようになりました。

お食い初め、誕生日、
ちょっと逆上ってマタニティーなどなど。

で、妻が言ってたんですが、
この手のスタジオって入り口の敷居は低いけど、
行ったら結局お金使っちゃうよね、と。

どういうことかといいますと、
撮影料は¥3000。

それで写真何枚も撮ってもらえて、
今回だと、10段飾りのお雛様や、
お内裏様お雛様コスプレのミッキーミニーなど。

で、衣装もたくさん。
かわいいのからおバカなものまでいろいろ選べます。

さらに2人のスタッフが付いて
60分ほどかけて衣装替え~撮影やってくれるんで、
それ考えても大分安いですよね。

ただ、撮った写真が全てもらえるわけじゃありません。

撮影後は、撮った写真をスタッフさんと一緒に見返しながら
気に入ったものを選び出します。

で、それらをプリントだったり、バッジやマグネットなど何かグッズにするんですが、
ここで注文しなかった写真はデータが残らないんですね。

例えば、3枚写真撮ったとして、
1枚目は額縁付きの写真に現像、
2枚目はバッジに、
3枚目は注文なし、となると、
1枚目と2枚目は後日、再度注文できたり
あとで写真のデータだけ買えたりするんですが、
注文しなかった3枚目の写真は、もう注文することができません。

そりゃ、安い品物でもいいから何か買っとこう、
ってなります。

実際、僕らが注文してる横で、
別のご家族が撮影に来てたんですが、
スタッフさんから『合計で5万円になります』って言われてましたよ。

なのでですね、これを音楽にどう応用するか、
自分自身がやるときに、どうするか、っちゅーことですよね。

僕の場合は、作曲ワークショップの出店で、
いろいろと応用できそうです。
もうちょっと煮詰めてみよう。

最近のバンドさんだったりミュージシャンの方って、
グッズなんかの物販もいろいろとネットで作れるので便利ですし、
こういう仕組みで安定的に収益を上げて、
音楽に集中できる環境を作っていけたら良いですよね。

記事を書いている人

■Facebookしてます
申請、フォロー、お気軽にどうぞ。
www.facebook.com/takahiro.yamaguchi.71

Takahiro Yamaguchi | バナーを作成

長崎県佐世保市出身、福岡県久留米市在住。
1981年生まれ、身長186.5cm。メガネと帽子がトレードマーク。
2013年生まれの娘が可愛くて仕方ない今日このごろ。

お問い合わせはこちらまで
mail@kodomosize.net
※携帯メールの方は
迷惑メールフィルターなどで
メールを返信できない場合があります
ドメイン受信設定をして頂くか
電話番号の記載をお願いします

■制作した「よさこい楽曲」が聞けます

■こんな音楽も作っています

■著作権フリー無料効果音

■Instagram(写真撮るのも好きです)

一生懸命 Try harder. #jp #baby #eat #girl #japanese #jpn #kurume #fukuoka #spoon #child #daughter

山口 隆博 / Yamaguchi Takahiroさん(@kodomosize)が投稿した写真 –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。