「夢はメジャーデビューです」の危うさ

Blog

音楽を志す若者が、
よく「夢はメジャーデビューです」と口にします。
(最近はあまり聞かなくなった気もしますが…)

僕は個人的に良くないと思っているんです。
もっと具体的な目標にしなければ、と。

僕が20代前半、大学を出て仕事を始めた頃、
地方のイベント企画会社に勤務し、
駅前の商業ビルのフリースペースに
毎週土日祝日アマチュアミュージシャン呼んできて演奏してもらう、
という仕事をしていました。
(ものすごくざっくり書いてますがw)

10代の若者から60代のおじちゃんまで、
ジャンルも様々な方々に演奏してもらったんですが、
良く、若い子が「夢はメジャーデビューです」というわけです。

僕が「どういう計画?」と訪ねます。

そうすると、たいてい帰ってくる答えは、
「いい曲作って、良いライブして、東京行って…」という感じ。

ひねくれもので理屈っぽい僕は、
心のなかで彼らのことを応援しながらも、
違和感を感じていました。

まず、「メジャーデビュー」ってどうしたらできるんだ?と。

雑誌やテレビのインタビューなんかでは、
デモテープを送ったら、とか、コンテストで、とか、
ライブにスカウトマンが来てて、なんて話をよく聞きます。

しかし、これらの方法は再現性に乏しいのです。

そりゃ、第一線で活躍できるような圧倒的な才能があれば、
すぐに声が掛かるかもしれません。

しかし、そうでない人は諦めなければいけないのでしょうか?

そもそも、この「メジャーデビュー」という目標は、
目的ではなく手段なのです。

本当の目的は、

■音楽で生計を立てる

だったり、

■より多くの人に自分の音楽を聞いてもらいたい

だったりだと思います。

もちろん、華やかな世界に憧れて
「メジャーデビュー」自体が目的の方もいらっしゃるでしょうし、
それはそれで全く構わないと思います。

今、僕が問題提起しているのは、

「あなたの目的は本当に『メジャーデビュー』なのか」

「それが叶わなければ音楽で食う道はないのか?」

ということです。

例えるならば、「メジャーデビュー」は、
ゴール地点はなんとなく知ってるけど、
その途中の道筋や、どれだけ走れば終わるのかがわからないマラソンのようなもの。

そこで、僕がおすすめするのはこう。

「夢はメジャーデビュー」から、
「目標は音楽で○○円稼ぐ」に変えること。

○○円は、あなたが生活していけるだけの額だったり、
副業として手堅く少額からでも良いと思います。

これをすることで、どう変わるかといいますと、
具体的な数字が出るので、考えやすくなるんです。

「1万円稼ぐためには自分の音楽で何ができるだろう?」と。

じゃ、そのためには何人集めて、何回ライブして
グッズ作って、空いた日にはレッスンもやってみようか、
という感じです。

徐々に額を上げていけばいいんです。

そして、幸運なことに、2016年の現在、
我々にはインターネットという力強い味方がいます。

告知、集客、販売、事務処理、などなど、
ネットとパソコンがあらゆる雑務を簡略化してくれます。

音楽で食べていくのは厳しい道だと思います。
しかし、本当に一部の限られた才能ある人にしかできないのでしょうか?

僕はそうは思いません。

この記事が、音楽を志す人にとって、
「辞めるか続けるか」以外の、
人生の選択肢を増やせるきっかけになれば幸いです。

では最後に、矢沢永吉師匠のありがたいお言葉を。

記事を書いている人

■Facebookしてます
申請、フォロー、お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/takahiro.yamaguchi.71

Takahiro Yamaguchi | バナーを作成

長崎県佐世保市出身、福岡県久留米市在住。
1981年生まれ、身長186.5cm。メガネと帽子がトレードマーク。
2013年生まれの娘が可愛くて仕方ない今日このごろ。

お問い合わせはこちらまで
mail@kodomosize.net
※携帯メールの方は
迷惑メールフィルターなどで
メールを返信できない場合があります
ドメイン受信設定をして頂くか
電話番号の記載をお願いします

■制作した「よさこい楽曲」が聞けます

■こんな音楽も作っています

■著作権フリー無料効果音

■Instagram(写真撮るのも好きです)

一生懸命 Try harder. #jp #baby #eat #girl #japanese #jpn #kurume #fukuoka #spoon #child #daughter

山口 隆博 / Yamaguchi Takahiroさん(@kodomosize)が投稿した写真 –

コメント