広島の中学生自殺事件で僕が得た教訓

広島の中学生自殺事件で僕が得た教訓


ニュースを聞いていると、やれ、

「データが修正されていなかった」
「万引きの現場にもいなかった」
「間違った資料が6回も会議で使われた」

など、いろんな報道がされていますが
妻と顔を見合わせ「うーん」となってしまいます。

当然、僕は当事者ではないため詳しい事情など知らないのですが
本当の問題はそんなことではなく、
当事者間のコミュニケーションができていなかった、
ということに尽きるのではないかと。

教師が『本当にお前がやったのか?』と聞ける(疑問に思う)、
生徒が『僕はやってません』と言える信頼関係だったり、
親が異変に気づいて学校に相談、抗議等々できなかったことではないかと思います。
ほんと、外から偉そうにすみません。

くわえて、Twitterでこんな記事が流れてきたので

広島の中3自殺事件について思うこと

私たちが考えなきゃいけない問題は

学校うんぬん、先生うんぬん以上に

子供たちがあまりにも

自分の命を軽んじてること

そのものなんじゃないか?

そうですね。

そして、これにも共感。

自ら死ぬ

ということは

誰かの唯一無二の宝物を

壊してしまうことと同義だ。

もっと言えば

誰かの大切な人を

殺してしまうこと

つまり殺人と何ら変わりない。

人を殺す殺人と

自分を殺す自殺と

根本的な違いはない

と、私は思う。

子を持つ親として、この件から僕が得た教訓はこちら。

・こどもに命の大切さを伝える
(稚拙ですが抽象的ですが他に表現できない)
・こどもの変化を感じ取れる親である
・例えば学校で何かあれば飛んでいって抗議(必要ならケンカも)できる親である

記事を書いている人

■Facebookしてます
申請、フォロー、お気軽にどうぞ。
www.facebook.com/takahiro.yamaguchi.71

Takahiro Yamaguchi | バナーを作成

長崎県佐世保市出身、福岡県久留米市在住。
1981年生まれ、身長186.5cm。メガネと帽子がトレードマーク。
2013年生まれの娘が可愛くて仕方ない今日このごろ。

お問い合わせはこちらまで
mail@kodomosize.net
※携帯メールの方は
迷惑メールフィルターなどで
メールを返信できない場合があります
ドメイン受信設定をして頂くか
電話番号の記載をお願いします

■こんな音楽も作っています

■Instagram(写真撮るのも好きです)

www.instagram.com/kodomosize/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。