育児レポート;子守は仕事が捗るし体への負担も減る

育児レポート;子守は仕事が捗るし体への負担も減る


1-DSC_0390

日々、自宅でパソコン仕事をしています。

作業によっては子守しながらできる事もあるので、
奥さんの息抜きにも僕が見ているのは助かるのだとか。

しかし、それ以上に僕がはかどります。

何しろ、今まで独りで仕事してたので、
集中力が切れると、すぐ脱線、果ては遭難し、
ひどい時には記憶さえなくしてしまいます。
(注;自分が何をしていたのかわからなくなる)

しかし、誰かに見張られていれば話は別です。

「誰かに見張られてなければ仕事ができない」などと、
33歳のおじさんが何て次元の低い話をしてるんだ、
というツッコミはとりあえず置いときましょう。

しかも、見られているのは、
人として一番恥ずかしいところを見られたくない、あいつ

そう、M.U.S.U.M.E
愛しい我が娘。

生後3ヶ月とはいえ、
まさか我が子の前で
「あんなこと」や「こんなこと」をするわけにはいきません。

逆に、男ならば、見栄もはりたくなるもの。
いいところを見せよう、と
そりゃ仕事も捗ります。

そして、さらにメリットが。

やつは、不定期に泣くので、
椅子から立ち上がり、息抜き出来ます。

僕は、のめり込むと何時間でも作業し続けるのです。
座ったままでは足腰肩おしりが痺れます。
(最近は膀胱炎も心配です)

さらに、おむつ替えの芳しい香りも、
疲れた脳のリセットにはもってこい。

世の中いろんなお仕事がありますが、
可能な方は、ぜひ自宅で子守しながら仕事されてはいかがでしょうか?

ちなみに、写真は
椅子に座った状態で膝の上に乗せて、
パソコン作業中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。