あなたの散歩が誰かの命を守ることだってありうる

神戸の女児誘拐事件について。

ページが見つかりません - 毎日新聞

以前から、こういうニュースを目にすると、

なんともやるせない気持ちになっていましたが、

子を持つ親になり、なおさらいろんなことを考えるようになりました。

これから、子どもをどう育てて、どう守っていけばいいのか。

ニュースでは対策やなんやが、いろいろと言われています。

そんなとき、思い出したのが、

今年(2014年)の2月に大刀洗へ公演を聞きに行った、

教育会のなまはげ、太刀山美樹さんの講演。

その中で、太刀山さんはこんな事をおっしゃっていました。

※以下、うろ覚えの引用なのですがニュアンスだけ伝わればと思います。

あるとき、知人の娘さんが不審者に襲われたとのこと。

人通りの少ない林の中へ連れ行かれそうになったとき、

たまたま、犬の散歩で通りかかった人を見て不審者は退散したそう。

太刀山さん曰く、

誰かが散歩をするだけで、「見まわり」になり、こういった事件を防げる、と。

ですので、地域のために何かしたいけど何をしたらいいかわからない方は、

とりあえず散歩をしましょう。

~うろ覚え引用終わり~

この話は目からウロコでした。

ただ散歩をするだけで、人の役に立てる。

どうかしたら、散歩で誰かの命を救うことだってできる、と。

大げさかもしれませんが、いろんなことに当てはめて考えると

僕たちは普通に生活しているだけでも、

知らないうちに誰かの役に立っているのかもしれません。

ときどき、SNSなどで

残酷な世界情勢や複雑な社会の矛盾を前にして、

「自分には何も出来ない」と肩を落としている人を見かけますが、

そんなことはない。

散歩をするだけで誰かを救う手助けができる。

こんなハードルに低い行動で、世の中の役に立っているという実感を持てるとは。

さぁ、皆さん、今日から散歩をしましょう。

コメント