スキャット後藤さんのYOUTUBE番組で「よさこい」の話が

スキャット後藤さんのYOUTUBE番組で「よさこい」の話が


以前からいろいろとお世話になっている
作曲家の「スキャット後藤さん」の番組

【スキャットさんのニャニャニャ】

で「よさこい」のお話が出てきましたよ。
で、必然的に(?)僕のことも。

ニャニャニャ#51 音楽制作の仕事について、
根掘り葉堀り質問されました。【スキャットさんのニャニャニャ】

youtu.be/9M9a4Nya95c

こちらでは動画のゲスト影山さんが
内容を記事にまとめられています。

THE 対談。【作曲家】スキャット後藤(東京) 

僕が気になった、というか
YOSAKOIについて触れられている箇所をまとめました。

動画でいうとこの辺から

■影山さんがYOSAKOI作曲始めたきっかけ

たまたまコンビニでパンフレットを見かけてメールしたそうです。

多くのチームさんは作曲家を探しているので、
割といい反応が返ってくるそう。

「地元に作曲できる人がいるって知らなかった」

と言われるそうです。

ネットでは「よさこい専門」の楽曲制作会社、
探せばたくさん出てくるんですが、
以下の理由で、やはり地元の方がありがたがられるとのこと。

■地元の情報などに通じている人が重宝される

地元の要素を楽曲に入れたいが、
地元の民謡、方言、名物などなど細かいニュアンスは、
県外の人にはわからない。

他県の方が作ると「海外コンテンツ」をつくるようなもの。
体に染み込んでいないとできないところがある。

お祭りには「音頭」や「総踊り曲」などがある。
そういうところを狙っていける。

■曲の単価を上げるにはお金があるところへ行く

冠婚葬祭、大きな企業・団体、お祭り
大きなところへ行く。

お金がないところからはもらいようがない。

■実績(サンプル)を作るべし

お客さんを安心させる実績、デモを用意。

結婚式場、ダンス教室、店舗BGM、リフレクソロジーなど、
音楽が必要になってくるであろう場所に営業。

最初はメール。

JASRACの問題など、
音楽著作権のニュースは追っておいたほうがいい。

そういうところにチャンスはある。

「自分はこれができます」と
情報を発信しないと知ってもらえない。

音楽だけでは売るのが難しい。
地方は映像もセットにすると売れやすいのでは?

■個人的なまとめ

お二人もおっしゃられていましたが、
テレビなどの映像のお仕事が少ない地方で
音楽を売っていくのに、
YOSKAOIはかなり良いお仕事だと思います。

・定期的に依頼がある(可能性がある)
・地元密着型の内容
・単価も割と高め(ピンキリではあるが)
・まだ需要に比べ供給が少ない
・つまり「ブルーオーシャン」

まぁ、いいことばかり書いていますが、
興味がある方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

以下の記事では更に詳しく
「なぜDTMerはYOSAKOIをやるべきなのか」を書いています。
ぜひご覧ください。

#DTMerはYOSAKOIやるべし
bit.ly/2LnoJe2

お知らせなど

【イベント出店】

7/1(日)
平戸遊園地
https://www.facebook.com/events/446575149105329/

7/26(木)
コドモサイズソング@やかまし村のギャラリー
https://www.facebook.com/events/182711765691792/

7/28(土)
天空の茶屋敷で一緒に遊ぼう(仮)
https://www.skyteahouse.com
詳細未定

【妻がamazon Kindleで本を出しました】
「おっぱいのすべて」

【コドモサイズソング】
お子さんの声が楽しい音楽に
成長の記録、記念日、ブライダル、着うた、などなど使い方いろいろ!!

コドモサイズソングとは?

20180625更新情報

記事を書いている人

山口隆博(やまぐちたかひろ)
YOSAKOI作曲家/2児のパパ

・YOSAKOI作曲家(フリーランス作曲家)の日常、
・地方/子育て/創造のおもしろさ
・これからの時代の生き方/働きかた
などなどつぶやいてます

■Facebookしてます
申請、フォロー、お気軽にどうぞ。

Takahiro Yamaguchi | バナーを作成

Spotify

Audiostockで
BGMや効果音を販売しています。
https://audiostock.jp/artists/6266/

お問い合わせはこちらまで

■こんな感じのYOSAKOI楽曲作ってます