子供(4)と一緒に映画「ドラえもん」を見てきた

子供(4)と一緒に映画「ドラえもん」を見てきた

dav

初めて子供と一緒に
映画館で映画を見たので
ちょっとだけ感想を。

最近の子供向け映画とか
映像作品全般に言えると思うんですが

「一緒に見る大人も満足できる」

みたいなやつって多いじゃないですか。

子どもに向けた
かわいいキャラ、セリフや動き、
その辺はしっかり抑えつつも、
大人も感動できる、楽しめる、
深みのある設定やストーリー、
みたいな感じです。

トイ・ストーリーやアナ雪などはもちろん、

仮面ライダーが
ママ向けにイケメン俳優使うのもその流れかと。

で、僕も今まで子どもがいないときは
そういう作品大歓迎で
いわゆる「こどもむけ」として作られてる
アニメ作品などもよく見てました。

実際、すごい泣けるやつたくさんあります。

で、今回、そんな感じで
子供と一緒にみれそうな
「ドラえもん のび太の月面探査記」
見てきました。

娘は今年5歳(幼稚園年中さん)。

結果から言うと、
まだちょっと早かったかなと。

あくまで僕が感じた話で、
本人がどう思ってるかはわかりませんが

うちの子が見るには
ちょっと早かったかなと。

・幼稚園には難しい言葉が多すぎた
・悪いやつのシーンなど怖がってた
・バトルがないものが良かったかも

まぁ、それでも終わったあとは

「楽しかった」

と言っていたので
それはそれで僕も満足なのですが。

あとは個人的に、
主題歌何であれなの?

という。
いや、曲の良し悪しではなくて、
全然合ってなくない?
と感じてしまいました。

あと、セリフの中に
「いいこと言おうとしすぎ」
みたいなのもちょっと鼻についてしまった。

いやー、歳をとるって嫌なもんですね(笑)

記事を書いている人

山口隆博(やまぐちたかひろ)
YOSAKOI作曲家/2児のパパ

・YOSAKOI作曲家(フリーランス作曲家)の日常、
・地方/子育て/創造のおもしろさ
・これからの時代の生き方/働きかた
などなどつぶやいてます

■Facebookしてます
申請、フォロー、お気軽にどうぞ。

Takahiro Yamaguchi | バナーを作成

VALUやってます
https://valu.is/kodomosize

Spotify

お問い合わせはこちらまで

■こんな感じのYOSAKOI楽曲作ってます