音楽つくる部 の #バラード選手権 に参加しました

Blog

作曲家のスキャット後藤さんが主催する
Web上のサークル「音楽作る部」の企画
#バラード選手権 に参加しました。

詳細は”こちら”を見て頂きたいのですが、
ざっくり言うと
お題となる素材、
同じ歌詞と、同じピアノ伴奏を使って、
みんなでメロディーをつけよう、という企画。

プロアマ問わず、
たくさんの方が参加したそうで
なんと62曲も応募が。

これは聞くだけでも大変です(笑)

で、参加→制作にあたって
僕がどういう事を考えてたのかというのを
メモがてら残しておこうと思いまして
ちょっくら書いてみようと思います。

ちなみに、僕ですね、
この「音楽作る部」の企画には
過去2回参加していまして、
その作品か下記URLからご覧頂けます。

#動画共有で音楽
https://www.youtube.com/user/yosukey04/videos

#ダンス共有で音楽
https://note.com/scatgoto/n/n112ff36984e4

そして、
僕は都合により不参加ですが
こんなのもありました。

#歌詞共有で作曲
https://note.mu/scatgoto/n/nbe01b94f503c

というわけで、
それらを踏まえて
今回の話を。

こんな事を考えながら作りました。

ざっくり、作り方

まずピアノのデータをDLして、
そのままDAWに貼って、
初めて聞くとき、
ノリで録音してみたんですが、
それでできたメロを元にして
ちょいちょい直した感じです(笑)

カラオケとか行くと、
知らない曲を入れて
さも知っているかのように歌う遊び
が好きだったもので、
そこで鍛えられましたねw

かぶらない

他の参加者の方とかぶらない。
ここは絶対に外せないところ。

で、何をどう「かぶらない」ようにするか。

今回でいうと、
歌詞は変えられない。
伴奏も変えられない(音を足すのはOK)。

と、縛りが多いので、
まぁ、おわかりの通り
歌メロと歌い方、
声のキャラでの勝負になります。

で、歌メロ。
これはまぁ、かぶるというか、
似てもしようがないかなと。
奇をてらいすぎても趣旨から外れますし。

で、ジャンル的に
DTMerでやってる人が少なそうな
R&Bというかゴスペル風というか
まぁ、僕の解釈による「なんちゃって」なんですが
そっちの方向で攻めてみようと。

サビ前の「フー」ってコーラスとかですね。

そもそも、JBとかアレサ・フランクリンとか
70年代のFunk、Soul系が大好きなもので。

あと、最近見たアナ雪2の
「Lost in the wood」
の影響もあるかも(笑)

Jonathan Groff – Lost in the Woods (From "Frozen 2"/Lyric Video)

Queenのパロディーとか入ってるんですよね。
この動画は実際の映像ないんで
ちょっとイメージしづらいかもですが。

あとは、僕しか歌えないってのも意識して、
出せる音域の上から下まで全部使ってます。

あと、声色を変えるとか、
淡々と歌ったり、感情込めたりとか。

エモーショナルに、キモく、
て感じですかね。
キモーショナル。
エモキモい(笑)

知ってもらう

これは、「僕という人間がいる」って感じで
認知してもらう、というのもですが、

「あ、山口こんな事できるのね」

ていういのを知ってもらう
てのが大きいです。

先述した
出せる声のパターンを全出ししました
みたいなのは、
僕の歌声ポートフォリオ
として機能させるためでもあります。

今回、たくさんのミュージシャンの方が参加されるので、
当然、その方たちは聞いてくださる。
こういうところで、
自分を知ってもらって、
で、あわよくばお仕事なんかにつながったらと。

基本僕、ふだんはYOSAKOIの投稿ばっかりなもので
個人的な作品って投稿できてないんですよね。
しなきゃしなきゃとは思ってるんですが。

いや、これを機会にバンバン出します。
というか、2019年の目標、
7月くらいに決まったやつ
「今年はアルバム17枚」
ての有りましたからね。
バンバン作ってますよ。

え?リリース?まだゼロです。

自分が楽しい

当たり前のこと過ぎて、
書く必要があるのか、手感じですが
やはりここは外せません。

というか、
普段、YOSAKOIの曲ばっかり作ってて
なかなか個人的な作品って発表できてないんですよね。

いや、時間を使って
何かしら制作しているんですが、
締切がないとダラダラしちゃうんですよ。

なので、こういう企画で
外圧を加えてもらえるのは本当にありがたい。
そして、あわよくば人に聞いてもらえて
感想までいただけるという。

最高じゃないですか。

ここまでひっくるめて楽しいですね。

曲はこちら

というわけで、今回作った作品聴いて下さい。

今回の反省点

↑やればよかった。
「迷ったらGO」ですな。

[template id=”1996″]