常識を逸脱しても自分の土俵で勝負するべし

常識を逸脱しても自分の土俵で勝負するべし


1-DSC_0018

ちょっとした面接に行ってきました。

ちょっとした実技試験があったのですが、
柄にもなく緊張してしまい、
自分が苦手としているに分野もかかわらず、
そのジャンルでの正攻法で攻めてしまいました。

後々気づいて後悔したんですが、
『普通はこうするだろう』とか、
『ここではこれが求められている』
という常識や場の空気を逸脱したとしても、
自分の売りを出していったほうが良かったなと思いました。

例えば、そこで嫌われたり、ダメになったりしたって、
もともと中途半端な評価しか得られない場所なら、
最初っから、多少的外れでも、
自分の長所を出していくべきだと。

「あ、そういうのもできるのね。ここじゃ違うけど、こっちならOKよ」

というのがあるかもしれない。

まぁ、時と場合によりますし、
今回、僕がそう思った具体例が書かれていないんで、
なんだか良くわかんないかもしれませんが(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。