itunesの『it 1.tmp』、『Temp File 1.tmp』というファイルを削除した

itunesの『it 1.tmp』、『Temp File 1.tmp』というファイルを削除した


パソコンのCドライブが容量いっぱいだったもので、
「不要なファイルを削除しよう」と、調べておりました。

すると、「マイミュージック」内の「iTunes」フォルダが桁違いに重いことが判明。

ちなみに、iTunesのライブラリは、外付けのハードディスクに設定しているため、
曲のデータ自体はこのフォルダに入っているはずがありません。

そこで、さらに調べてみると、原因が判明。
この『it ○○(数字).tmp』、『Temp File○○(数字).tmp』というファイルらしい。

iTunestemp-01

iTunestemp-02

アップルのサイトによると、

”これらは、「iTunes」アプリケーションによって一時的に使用されるファイルです。「iTunes」終了後に“iTunes Temp”ファイルが残っていた場合は、削除して構いません。”
support.apple.com/kb/TA27400?viewlocale=ja_JP

とのこと。

Yahoo!知恵袋的な質問サイトでも同じような記事があがっていました。
bit.ly/1L5jN8Q

仕事で使う膨大なデータをitunesで管理していた事があるためか、
とんでもないことになっていましたねー。

こういうのはマメに確認せにゃいけませんなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。